スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術から退院まで その4

さて、尿管がとれたということで通常、排尿訓練ですよね?
4時間ごとに残尿チェックをして、残尿が50ccを切れば卒業できるという。
(回数とか時間とかは病院によるようです)

ところが、うちの病院は訓練といえるものはなかったのです。
いえ、全然しないという訳ではなくて、朝と寝る前2回看護師さんに残尿チェック
してもらうようになってました。

尿管を抜いた後、自尿が150cc出たのでおおこりゃ上出来だと思ったのですが
やっぱり残尿は250だ、300だと多かったです。
(でも残尿感がないってのがびっくりですよね)

出ないことに対するアドバイスも特になく、S先生からは手術は上手く行ったし
排尿に影響はそんなに出ないと思う。と聞いていたのでそのうち全部
出るようになるのかな?と思っていたのですが。

何日か過ぎ、ボス部長を先頭にした回診の時に、ボス部長(産婦人科で一番えらい)
にそろそろ自己導尿を覚えてもらって退院してはどうですか?みたいなことを言われました。
(その時は主治医のS先生はいなかったです)

なんでだか、この時ちょっと気持ちがパニックになってしまって
一緒にいた看護師さんにさんざん愚痴ってしまいました。泣きました。
(後になってみるとちょっと恥ずかしかったです~)

それまでいろんな方の闘病ブログを読んでいて、次はこうするんだな、とか
思ってて、なんで排尿訓練がないんだろう?
もしちゃんとしてたら自己導尿にはならなかったんではないか?とか。
なんで主治医でもなく、それまで顔は知ってたけど話したこともない先生に
言われなきゃならないんだとか。

いや、もちろんする事が決まりではないのだろうし病院によって対処は
違うのでしょうが、その時は納得できませんでした。
ブログを読みすぎた弊害なのかな?とも思いましたが、排尿訓練をしていなかった
人がいなかったし。

結局、後で主治医が来て説明してくれて自己導尿することになったんですけど。
どうなんでしょう?こんな感じで特に訓練はしなかったという人はいるのでしょうか?
でも実際、訓練は大変そうだし出ないというプレッシャーはあるし
どっちが良いのかわかりません。

そして自己導尿することになりました。
(自分の尿道口初めて見たよ~)

  ポチしてくださるとうれしいです。↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

きみ

Author:きみ
丙午生まれのB型アラフィフ。
夫とロシアンブルー(カブ)と一緒に暮らしています。
子宮頸がんを患いましたがなかったことにする!
ぐらいの勢いで生活していこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。