スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知まで その3

2011年12月21日 I総合病院診察室にて。

T先生「ええと、お一人ですかね」
きみ「一人です」(だって追加の検査でしょー??)
T先生「実は検査の結果が出ました。
   
    子宮頸部 粘液性腺がんです。
    ステージは1b1です。
    手術が必要で、広汎子宮全摘出術になります」

その後、先生が説明してくれたところによると腺がんの場合は放射線も効きづらく
リンパや血液に乗って移転しやすいことなどから大きく取ってしまうほうが良いということでした。
(私の場合、頸部から膣方向に大きなポリープ状になったがんが頭を出してました。
なのですぐ発見できたのではないかと思っています)

T先生「(系列の)K大学病院で2月に手術が出来るのでどうでしょうか?」
      (あれです、都内の由緒あるでかい病院です)
きみ「そんな急に言われてもどうすればいいか。
   (ここでふと、思い出すわけです)
   あ、私持病があってF病院に通ってるんです。そっちの病気は関連しますかね?」
T先生「う~~ん。関連はわからないですけどでも持病があってずっと行ってる病院
    があるなら、そちらの病院で手術したほうがいいかもしれないですけど」

頭の中がパニックでその場でなんて決められないし、答えを保留して次週また来ることにしました。

診察後、ぼんやりしながらも家に帰り、夫も休みで出掛けてたので連絡して。
夫が帰ってきてから初めて声を上げて泣きました。

とにかく情報収集!と思ってネットで怒涛のように調べました。
分かったことは腺がんはよろしくないということ、このステージだと広汎手術が標準だということ。
そして、どの病院で手術するか。

K大学病院は有名な大きな病院だけど家から1時間ぐらいかかるし、F病院はずっと通ってて
行きなれてるし前に入院したときはご飯おいしかったよーな気がするし。
(おいしかったって記憶は間違いだった。と後ほど知るのですが)
色々と検討した結果、F病院にかかることにしました。

そして年明け2012年1月4日 紹介状と細胞プレパラートを手にF病院 産婦人科に。

  ポチしてくださるとうれしいです。↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

きみ

Author:きみ
丙午生まれのB型アラフィフ。
夫とロシアンブルー(カブ)と一緒に暮らしています。
子宮頸がんを患いましたがなかったことにする!
ぐらいの勢いで生活していこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。